新刊の漫画や人気の漫画情報、無料で立ち読み、丸ごと無料で読むことのできる漫画など、ジャンルに問わず気になった漫画情報を紹介しています。

漫画 無料 試し読み

本や漫画は紙じゃないと読んだ気がしないし、内容が頭に入ってこない気がするからなんか嫌!
そんな風に思っていたのも今は昔。

どれだけ買っても場所を取らず、夜寝る前に部屋の電気を消して寝っ転がりながら読んだり、通勤中の満員電車でもどこへでも持ち運びできる電子書籍。

そんな電子書籍に、5年ほど前からすっかりお世話になっています。

電子書籍なら、本屋さんが閉店してしまった夜中でも

「あ、この本読みたい!」
と思い立ったとき、すぐに本が買えて読めるのも嬉しかったり。

※ ちなみに電子書籍で漫画を読むなら、個人的にはeBookJapanがおすすめです。

eBookJapanでマンガの無料立ち読み

漫画の品揃えが半端ではなく、すべての漫画のジャンルの作品が充実しています。

漫画以外の品揃えはやや少ないですが、電子書籍に求めていることが漫画を読むことであれば、自信を持っておすすめできます。

漫画を読むのにおすすめ 電子書籍ストア

そんな電子書籍ですが、最近では電子書籍を扱っている電子書籍ストアもどこを選んでいいのかわからないぐらいに増えていますよね。

増えているのは嬉しいことのように思えるけど…
電子書籍ストアの中には、「ここのサイトひどくない?」なんて思う電子書籍ストアも、実際あったりしました。

そこで数ある電子書籍ストアの中から、品揃えや特徴、使いやすさやお得度から判断して、個人的におすすめできる電子書籍ストアをピックアップしてご紹介します。

漫画を読むための電子書籍ストア選びに迷っているなら、ぜひ参考にしてみてください。

eBookJapan

eBookJapanは2000年創業の老舗の電子書店で、ヤフーのグループ会社としても有名。

全てのジャンルにおいて品揃えが充実しており、セールやキャンペーンもほとんど常時開催していたり、予約やまとめ買いでポイントが倍増するなど、料金面でもお得度の高い電子書籍ストアです。

他の電子書籍ストアと比較してもサイト自体がが高く非常に見やすいく、「無料」「ランキング」などの各コーナーへの入り口も分かりやすく、お目当の漫画が探しやすいのも嬉しい部分。

電子書籍ストアでは唯一、本棚に本を背表紙表示で管理できるのもeBookJapanの特徴です。

eBookJapanの詳細はこちら
eBookJapanでマンガの無料立ち読み

BookLive!

画像

BookLive!は東証一部上場企業である、凸版印刷グループの電子書籍ストア。

漫画だけでなく雑誌まで充実しており、漫画では特に女性向けコミックやBL、TLも多く取り揃えられています。

また、TSUTAYA、東芝クライアントソリューション、日本電気、三井物産の出資を受けているので、BookLive!はTポイントの利用も可能になっているのがメリット。

BookLive!の詳細はこちら

Kindle

画像

Kindleは、Amazonが運営する世界最大の電子書籍ストアで、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」が有名で、月額980円で対象書籍(和書12万冊以上、洋書120万冊以上)が無制限に読み放題になるので、漫画だけでなく書籍も色々と読みたい人に嬉しい電子書籍ストア。

また、Kindleが他の電子書籍ストアと圧倒的に違うのは、Kindle専用の読書端末があること。

専用端末を使うことで、書籍や小説もグッと読みやすくなります。

Kindleの詳細はこちら
→ https://amzn.to/2SWQVMF

U-NEXT

U-NEXT Book Placeとしてサービスを展開していた(2019年1月29日に、サービス名称がU-NEXTに統一されました)、動画サービスで有名なU-NEXTが運営している電子書籍サービス。

U-NEXTの会員であれば同じIDで利用することができるため、映画やドラマ、アニメといった動画サービスと併用して、漫画や雑誌も電子書籍で読むことができます。

あくまでも動画がメインのサービスですが、毎月もらえる1,200円分のポイントは漫画を読むためにも利用可能。

月額料金制にはなってしまいますが、映画もドラマもアニメも、漫画も雑誌も全部見たい!
という人におすすめです。

U-NEXTの詳細はこちら
U-NEXT 31日間の無料トライアル

DMM電子書籍



DMM電子書籍はその名の通り、大人の動画サービスで有名なDMM(FANZA)が運営している電子書籍ストア。

大人の動画サービスで有名ですがビジネス書まで幅広く取り扱っており、さらに、他の電子書籍ストアではほとんど取り扱いのない同人誌も取り扱っているのがDMM電子書籍の特徴です。

またゴールデンウィーク、夏休み、冬休みなどには、「ワンピース」や「キングダム」、「名探偵コナン」といった人気漫画も含めて、ポイント50%還元(実質半額・ポイントはすぐに還元)などの大型セールを行っているのも嬉しい部分。

大人の漫画を読みたい人はもちろん、安く漫画を買えるセール時期にまとめ買いをするというのもおすすめです。

DMM電子書籍の詳細はこちら
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

コミックシーモア

コミックシーモアはNTTのグループ会社(NTTソルマーレ)が運営している電子書籍ストアで、マイナー作品から話題の作品まで漫画の品揃えは十分!

会員登録時にもらえる半額クーポンをはじめ、定期的にお得なクーポンが配布してもらえたり、料金面的にも嬉しい電子書籍ストアです。

ブラウザでも読めるため、端末を選ばない点も魅力。

女性向けコミックやBL、TLも非常に多く取り揃えられており、料金が読み放題の月額コースなので安心して漫画に没頭できます。

コミックシーモアの詳細はこちら
コミックシーモアでマンガの無料立ち読み

Renta!

他の電子書籍ストアとは違い、「48時間レンタル」で安く漫画を借りることができるという特徴を持っているRenta!。

ちなみに「48時間レンタル」なら、100円から漫画を借りて読むことができます。

安く気軽に読みたいという場合にはピッタリですが、そもそもの品揃えが多くなく、レンタルできる作品も限られてしまっているのがRenta!の残念ポイントです。

Renta!の詳細はこちら
お得な100円レンタル実施中!漫画読むならRenta!

honto

hontoは、丸善やジュンク堂、文教堂といったリアルの大型書店と提携しているため、hontoの電子書籍で扱っていない漫画や雑誌があったとしても、紙の本を通販で手に入れることができるという特徴を持っている電子書籍ストア。

さらにハイブリット型総合書店であるhontoは、電子書籍と紙の本の通販、そして提携書店とを使うことで、「hontoポイント」の還元率も上がるんです!

このhontoポイントシステムは書店でも本をよく購入する人にとってお得なので、「kindleからhontoに乗り換えた」という人も多いです。

ただ、地方だとhontoの提携書店がない場合もあるので、事前に要確認です。

hontoの詳細はこちら
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

楽天kobo

楽天が運営する電子書籍ストア「楽天kobo」。

本の取り扱い数は国内トップクラスでラインナップも豊富に取り揃えられており、頻繁にセールが行われていることや、楽天ポイントを貯めたり使ったりできるのが特徴。

まとめ買い30%オフのクーポンも配布されていたり、楽天ポイントの獲得倍率も最大15倍にすることができるという部分も魅力。

ただ、楽天koboの専用端末の価格が高く、気軽に漫画を読みはじめることができない部分がネックです。

楽天koboの詳細はこちら
楽天Kobo電子書籍ストア

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)

画像

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)は、大手出版社KADOKAWA(カドカワ)のグループ会社が運営している電子書籍ストア。

カドカワ系の新刊が電子書籍になるのも早く、ラノベも充実しています。

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)では、初回購入額の半額がポイントでキャッシュバックされるので…
このキャンペーンを利用して、初回に大人買いをするとかなりお得に♪

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)の詳細はこちら

コミなび

画像

株式会社メディアドゥが運営している電子書籍ストア「コミなび」。

少年・少女・BL・アダルトなど豊富なジャンルのコミックが揃っており、低料金の月額コースがお得に利用できることから、人気になっている電子書籍ストアの1つです。

モバイル向け電子書籍ストアですが、実はPC閲覧にも対応されています。

コミなびの詳細はこちら

まんが王国

画像

2006年からスタートしており、漫画の無料試し読みが多い老舗の電子書籍ストア「まんが王国」。

賛否両論ある広告を多数出してはいますが、無料で読める範囲が他の電子書籍ストアよりも多いので、暇つぶしに無料で漫画を読みたいという人にピッタリ。

先行配信される漫画が多かったりもします。

まんが王国の詳細はこちら

ブックパス

画像

携帯キャリアのauが運営する、雑誌や漫画などが読み放題で楽しめる電子書籍ストア「ブックパス」。

※ 対象コンテンツを定額で読める「読み放題プラン」と、1冊ごとに「購入」する2つの読み方が提供されています。

ちなみに2018年の7月から、au以外の携帯電話契約の人でもサービスをご利用いただけるようになっています。

ブックパスの詳細はこちら

dブック

画像

2010年にスタートした、NTTドコモの運営する電子書籍ストア「dブック」。

コミック、小説、ビジネス書などを中心に、およそ45000タイトルが購入可能となっています。

dマーケット全体で使えるポイントももらうことができます。

dブックの詳細はこちら

まとめ

以上、個人的におすすめできる電子書籍ストアをピックアップしてご紹介しました。

電子書籍ストアを選ぶ際に注意してほしいことを最後にお伝えしておくと、電子書籍は購入したサイト以外のリーダーアプリでは読めないということ。

つまりAmazonのKindleで例えるなら、Amazonで購入した電子書籍はAmazonのリーダーアプリ(Kindle)では読めますが、他のリーダーアプリでは読むことができないということです。

登録しただけでお金のかかるものでもありませんし、色々な電子書籍ストアを試して、実際に色々な電子書籍ストアで漫画を読んでみるのももちろん良いのですが…

「漫画はここの電子書籍ストア!」
というように決めておくと、より快適な電子書籍生活が送れるのではないでしょうか♪

eBookJapanでマンガの無料立ち読み

最後に迷わせるようですが、

漫画のジャンルごとに、このジャンルの漫画はこの電子書籍ストア!
というように決め、複数の電子書籍ストアを同時に利用する方法もありかもしれません。

というのも、個人的にはセールが多くてアプリも使いやすいeBookJapanが気に入っていますが、実際、読みたい漫画のジャンルによっては他の電子書籍ストアも使っているので♪

電子書籍ストアによって、それぞれお得なキャンペーンがあったりしますしね。

U-NEXT 31日間の無料トライアル

Copyright© 漫画 無料 試し読み , 2019 All Rights Reserved.